内服薬に関して

内服薬による治療

脱毛を促す因子を抑える治療法

プロペシア 男性ホルモン内にテストステロンというものがあります。
このテストステロンの不足を補うために、5α-リダクターゼによりDHT(ジヒドロテストステロン)へと代謝されます。
この代謝されたジヒドロテストステロンが脱毛を促すと言われています。
飲む育毛剤としてAGA内服薬があります。
内服薬の薬用成分により5α-リダクターゼの働きを抑えることができ、3年間服用することで98%の方が治療に効果が見られたという実験結果が出ています。
AGA内服薬は医療用医薬品ですので、購入するには医師の診断と処方が必要となります。

プロペシアのメリットとデメリット

内服薬プロペシアのメリット

内服薬プロペシアのデメリット

内服薬に関して

当院ではAGA、薄毛改善のための内服薬を処方致します。 主に脱毛を促す因子DHTを抑える、3年間服用することで98%の方が治療に効果が見られたという実験結果が出ています。 効果が現れるのは一般的に6ヶ月から1年と言われており、錠剤を1日1回服用し続けることが必要となりますが、脱毛を抑える効果が高い薬となっています。 AGA内服薬の服用は成人男性が対象となっており、女性は服用できません。 内服薬には抜け毛を防ぐ薬と育毛効果が見込める薬と2種類あります。 育毛効果が見込める内服薬には発毛を促す因子を促進させる作用があり、毛乳頭細胞に働きかけ、アデノシンという物質を分泌させて、因子の産生を促す効果があります。 こちらも錠剤を1日1回服用します。

プロペシアをご利用の方へ

プロペシアのジェネリックとは

プロペシア プロペシアのジェネリックとは、MSD株式会社が製造販売する男性型脱毛症治療薬プロペシアの有効成分フィナステリドの特許期間満了後に他の製薬会社が厚労省から同じ有効成分、同じ効果効能にて製造販売承認を得て発売されている「フィナステリド」を有効成分とした男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)のことをいいます。ジェネリックは「後発医薬品」または「ゾロ※」とも呼ばれますので「プロペシアの後発医薬品」または「プロペシアのゾロ」ともいいます。
※一昔前は医療関係者の間ではジェネリックのことを「ゾロ」と呼ばれていたのでそのなごりです。
ファイザー株式会社がプロペシアのジェネリックとしては国内初となる『フィナステリド錠0.2mg「ファイザー」』と『フィナステリド錠1mg「ファイザー」』を発売開始します。

>詳しい料金はこちら

薄毛・AGA治療 九州・山口エリア施術実績件数
薄毛の原因はさまざまです。当院では、患者様の状況やご希望に合った薄毛・AGA治療をご提供いたします。 近年では男性はもちろん、薄毛に悩む女性も増えています。 まずはそのお悩みをお気軽にご相談下さい。 完全個室の無料カウンセリングもご用意しています。 日帰りで診察当日手術でき、JR博多駅より徒歩1分、また博多バスセンターより徒歩5分、福岡空港より博多駅まで地下鉄で6分という交通の利便性もあり、当院へは佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島等九州各県や山口からの患者様も多数ご来院頂いております。 わざわざ遠方からお越し頂く患者様のために、当院では交通費一部を負担させて頂くシステムをご用意しました。詳しくは、お気軽にお問合せ下さい。
実績件数
交通費支給制度の詳細はこちら
0120-967-427
年中無休/9時30分~20時(完全予約制)メールは24時間受付
無料メール相談
無料カウンセリング予約
私たちスタッフ一同、AGA・薄毛治療に関して、出来うる限りお力になりたいと思っております。

AGA・薄毛でお悩みの方、AGA・薄毛治療に興味をお持ちの方、そんな皆さまのお力になれるよう、あやべビューティークリニック福岡の医師、スタッフ一同は、皆さまのご来院を心よりお待ち申し上げております。

Copyright (C) 2015 AGA・薄毛治療のあやべビューティークリニック福岡(旧:福岡三井中央クリニック). All Rights Reserved.