薄毛の原因

薄毛の原因

薄毛には「脱毛」「発毛」の両方が関係しています。

薄毛の原因は、男性ホルモンの働きによるものであることが確認されています。
男性ホルモン内にあるテストステロンが、5α-リダクターゼと呼ばれる酵素によりDHT(ジヒドロテストステロン)へと代謝されます。
発毛には、髪の毛を作り出す毛母細胞、また毛母細胞を囲っている毛乳頭が活発な働きをすることで必要になります。
脱毛・発毛は薬により治療することが可能ですが、どのようなことが原因となっているかをご説明します。

ストレスによる薄毛

ストレスによる薄毛のイメージ ストレスは髪の毛に悪影響を及ぼします。
髪の毛を作り出す毛母細胞、そしてそれをおおう毛乳頭は酸素と血液によって活動します。ストレスにより末梢神経の血流が悪くなると、毛乳頭の活動が抑えられ、髪の毛を作り出す毛母細胞の活動が悪くなります。
それと同時に、血流が悪くなることは毛乳頭に影響を与えるだけではなく、血流を促すために脱毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)が分泌されますので、脱毛が促進されてしまいます。
ストレスにより内臓の不調を起こした場合、髪の毛の材料となるたんぱく質やミネラルの吸収が悪くなります。

頭皮の汚れ、粗悪なシャンプーによる頭皮の肌荒れ

頭皮の肌荒れのイメージ 正しい洗髪方法を行わないと、当然頭皮が汚れてきます。
頭皮が汚れる(チリ、ホコリ、酸化した皮脂など)と、頭皮に十分な酸素が送り込むことができず、髪の毛を作る毛母細胞の働きが弱まります。
また粗悪なシャンプーの利用や、誤った洗髪方法は頭皮に肌荒れをもたらします。

薬害(主に健康食品の過剰摂取など)

薬のイメージ 頭皮への塗り薬として、アロエやよもぎ等は効果があるという意見がありますが、頭皮に直接塗るだけでは育毛の助けになることはありません。
むしろ汚れに変わり、肌荒れのもとになるため薄毛・脱毛が進行する可能性があります。
内服の場合でも、過剰に摂取した場合は髪の排泄機能を越え、毛母細胞が弱る可能性があります。
適切な薬を正しく使うことが大切ですので、過剰に摂取したり、間違えた情報を鵜呑みにせず、まずは医師へ相談をすることをおすすめします。

規則正しい生活習慣や食生活

生活習慣のイメージ 髪の毛を作る資本となるのは、自分の体です。
十分な栄養を取り、睡眠を多く取ることで脱毛の原因となるDHTを抑えることができますし、発毛に必要な毛母細胞・毛乳頭を活発にすることができます。
当院では、薬の服用、グロースファクター再生治療などを行いますが、それに加えて自分の体の健康維持をして頂くことをご提案しています。

薄毛・AGA治療 九州・山口エリア施術実績件数
薄毛の原因はさまざまです。当院では、患者様の状況やご希望に合った薄毛・AGA治療をご提供いたします。 近年では男性はもちろん、薄毛に悩む女性も増えています。 まずはそのお悩みをお気軽にご相談下さい。 完全個室の無料カウンセリングもご用意しています。 日帰りで診察当日手術でき、JR博多駅より徒歩1分、また博多バスセンターより徒歩5分、福岡空港より博多駅まで地下鉄で6分という交通の利便性もあり、当院へは佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島等九州各県や山口からの患者様も多数ご来院頂いております。 わざわざ遠方からお越し頂く患者様のために、当院では交通費一部を負担させて頂くシステムをご用意しました。詳しくは、お気軽にお問合せ下さい。
実績件数
交通費支給制度の詳細はこちら
0120-967-427
年中無休/9時30分~20時(完全予約制)メールは24時間受付
メール相談
無料カウンセリング予約
私たちスタッフ一同、AGA・薄毛治療に関して、出来うる限りお力になりたいと思っております。

AGA・薄毛でお悩みの方、AGA・薄毛治療に興味をお持ちの方、そんな皆さまのお力になれるよう、あやべビューティークリニック福岡の医師、スタッフ一同は、皆さまのご来院を心よりお待ち申し上げております。

Copyright (C) 2015 AGA・薄毛治療のあやべビューティークリニック福岡(旧:福岡三井中央クリニック). All Rights Reserved.